被災地における風評被害

平成23年3月11日に起きた未曾有の被害を出した東日本大震災ですが、直接の被害のほかにも沢山の二次災害的なものがありました。その一つとして被災地の野菜の風評被害があります。原子力発電所のある福島県では、放射能漏れによる土壌汚染が深刻になり、住み慣れた土地を離れる人も数多くいました。放射性物質を含んだ土や空気の元育った野菜は食べられない、と心配する消費者はやがて福島県産の野菜を買わないようにという思想に走り始めます。実際、放射性物質を取り除く作業が行われても完全に全てが取り除けたわけではなく、あくまで基準値を下回るというレベルにしか出来ないという現実もあり、野菜の生産農家も頭を悩ませていたと聞きました。けれど、農家の方も好きこのんでそのような事態に陥ったわけではなく、彼らもまた被災者であり被害者であるので、一概に風評被害を鵜呑みにせずに、助け合いの精神で福島産の野菜を食べる事は今の日本でとても大切な事です。



風評被害はなぜ起こるのでしょう



風評被害怖い言葉です。一人の人から話を聞き、次の人へ。また次の人へと続いてしまう話。どこで、どういう風に最初の話が変わってしまったのか解りません。どうしてこの方が、この話を知っているのか不思議に感じる事があります。良い話ならいいのですが、あまり他人に知られたくない事までも、知られてしまっている時は、すごいショックを受けます。しかし、最初に話した方を責める訳にはいかないですし、こんなにも、話が広がっていってしまうと、誰かに何でも考えずに話をする事が出来なくなってしまいます。聞いた事を他の人に話す時は、聞いたままの言葉で、自分の感情、憶測等入れずにお話しをすれば変に風評が広まらないと感じます。言葉の受け取り方は人それぞれ違うという事は解ってはいるつもりですが、風評被害にあわれた方の気持ちを考えるととても、複雑になってしまいます。



風評被害の対策を行いたい場合には



風評被害というと、ネット上での被害を指すことが現在では多いです。そういった対策には風評被害の元となった情報を排除することが重要です。大抵は掲示板、SNSなどのコミュニティサイトを通じて情報が拡散します。その為情報を断つためにはサイトを運営している管理者に問い合わせたり、サービスを利用しているユーザーとコンタクトを取るなど工夫が必要なこともあります。ただし風評被害対策を受け付けている業者もあるため、依頼して対処することも可能です。そういった業者のサービスとして検索エンジンでの評価を下げるといったものもあります。こういった対策を逆SEO対策と呼ぶこともあり、個人で対処するよりも効果的な事が多いです。ちなみに大型掲示板であったり、有名なSNSなどで拡散した情報ほど早急に対応した方が良いとされています。

シエンプレはWEB上の風評被害や誹謗中傷からブランドを守ります。 取引2200以上、年間対策サイト29400以上の実績。 WEBリスク対策業界実績No.1を誇る逆SEO対策サービスです。 風評監視サービスで、いつでも風評被害に対抗できる状態を持ちましょう。 シエンプレのコンサルティングでは、情報漏えい対策から、風評被害の対策まで幅広く対応いたします。 ネット風評被害ならシエンプレで