風評被害とは、特定人に対して匿名の不特定多数若しくは特定人による悪口ないし侮辱行為または名誉毀損といったものをいいます。これは、ネット上への根拠の無い悪口といったものが多いとされています。ただ、風評被害について、名誉毀損に関しては例外的に「公共の利害に関する特例」として名誉毀損罪の行為及び構成要件(構成要件とは、犯罪が成立するための要件となります)に該当するものの、違法性が阻却されて無罪となることが在ります。ネットへの悪口の書き込みというと、やはり誹謗及び中傷がかなり目立ちます。例えば、ある人が犯罪行為を行ったということを証拠が在ることを理由に書き込みをしたとします。この場合、証拠が有効なものとなった場合は公共の利害に関する特例として書き込み行為をした行為者は無罪となることが在ります。ただ、基本的に誹謗中傷行為というのは、ネットで書き込みをした場合は行為者が特定されるというシステムが完備されているので、こういった行為は正当な理由が無い限りはしないのが賢明なものとなります。

インターネットで起こる風評被害とは

インターネットにおいて、風評被害はとても重要なことです。この被害だけで、会社に大きな損害が起こるほどです。インターネットは、個人の名前や顔が知られることなく掲示板などへの書き込みが可能です。これは、基本的には良い使い方をされることを想定していますが、最近ではこうした掲示板上で個人や企業を批判する書き込みが多いです。その批判は、前向きな提案であれば問題はありませが、ただ罵倒する書き込みであればそれは大きな問題になります。企業は出来るだけこうした風評被害が起きないように運営していますが、小さな問題は大きな問題へと発展する場合がありますので神経質になっているのが現状です。こうした風評被害を起こさないように、企業側は掲示板などの書き込みをしっかりチェックし、もし罵倒するような書き込みがあった場合は削除が出来るようになる動きもあります。

企業の風評被害への対策をする

広く一般にネットが普及しています。関心を持ったことや商品の購入などにもごく当たり前にネットが用いられるようになっています。しかしネット上に万が一、自社のことや商品、サービスについてのいわれもない書き込みがされていて、多くの人の目に留まるような状態が長期にわたって続くと、会社の業績にも影響が出てきます。なるべく速やかに風評被害をして、いわれのない書き込みが多くの人の目に留まらないようにすることが必要になります。風評被害の対策を専門にしている業者があるので、依頼をして速やかに目につかないようにするといいでしょう。成果に対して費用が発生するという明瞭な料金体系になっている会社が多いので、いきなり多額を請求するところは避け、成果に応じて費用を支払い、目に留まるいわれのない書き込みが亡くなるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です