良く学園モノのドラマなどで存在する、生徒たちが作って運営している、学校裏サイトの存在ですが、本当に実在する様です。娘の学校のホームページに習って、なんちゃってホームページと題した裏サイトが運営されているらしいと言う旨を、娘から聞いて知りました。そのサイトは、現実的にも風評被害の嵐だそうです。我が娘は幸いにもいじめられることもなく、性格や成績も普通レベルで今の所問題はありません。正直もっとがんばって欲しいのですが。けれどやはり、現在日本の子供達の中に、急速に増えていると言う、所謂発達障害と呼ばれる脳の発達による病気を併せ持っていたり、診断待ちでグレーだったりと、そういったお子さんも中にはいらっしゃるのですが、やはりかなり個性的な特徴を併せ持っている為、裏サイトのターゲットになって、悲しい目に在っているそうです。何とか子供達の意識を変え、止めさせたいですね。

風評被害をなくす為に

私たち日本は、四年前に東日本大震災を経験しました。地震を皮切りに、津波や放射能漏れで甚大な被害がありました。復興が進んでいるように報道されていますが、東北三県では今も多くの方が仮設住宅での暮らしを余儀なくされています。そんな東日本大震災で、初めて知った言葉があります。それは風評被害という言葉で、東北で採れた農作物は大きな被害を受けました。出荷の段階で放射能が基準値より低いにも関わらず、噂や伝聞で不買運動が起きてしまいました。私たちが放射能の知識に疎いことが要因ですが、日常生活の中でも微量の放射能は出ています。中途半端な知識に振り回されることで、更なる風評被害を生み出してしまいました。住宅やインフラ整備も大切ですが、最も継続的な支援は東北でお金を使うことです。農作物はその代表で、早く売り上げが回復して欲しいです。

風評被害の対策を考える

一度悪い噂が立ってしまうと全く問題がないにも関わらず、影響を受けることがあります。それが風評被害です。中々改善をすることが出来ない問題ですし、特に災害があったような場所に近いところも人が来なくなってしまうということがあります。他にも食品の問題があります。大丈夫だと言われているにも関わらず、なんとなく不安に感じてしまうこともあるでしょう。そうなると経済的にも問題が発生することがあります。風評被害対策も考える必要があります。まずは噂を否定すること、本当に安全であることを広めることを考えてみるとよいです。オンラインの世界であってもこのようなことは起こります。実際には何も問題がないのに、一部の人の影響を受けてその影響が関係のないところまで広がってしまうので、十分に注意をしなければいけません。専門業者に任せてみるのもよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*