風評被害とは、根も葉もないような噂によって経済的な被害を受けることであり、非難を受けていく対象とは別によるものが攻撃されてしまうことなどについて意味している言葉であり、特にトラブルや不祥事や災害、不適切による虚偽による報道などそれらを原因としているデマによって、事実とは全く関係のない企業団体や個人などによって、生産物やサービスにおける品質低下を懸念された上で消費や取引について敬遠されていくなどによる大きな損害を受けていくことを指しており、結果として経済的による損害を伴っていく場合に用いられており、単に心象について悪くした、といった程度によっては当てはまらない場合が多く、上記による例で言うと、この風評に関してが原因で売上については相当に減少していくといった事実について必要となってくるようになります。

ネットでの風評被害の相談は法律家に

インターネットが発達・普及したことにより、インターネットによる風評被害も急増しています。当然のことながら、インターネット社会においても、現実社会と同様の法的責任が発生します。業務妨害、名誉毀損、脅迫等の刑事責任、不法行為による損害賠償責任という民事責任等です。このような場合、刑事であれば検察や警察に告訴状や被害届を出すことになります。また、民事であれば、裁判所に訴えを提起することになります。民事・刑事いずれの場合であっても、法律家である弁護士や司法書士に相談することをオススメします。もっとも、一口に弁護士や司法書士と言っても、その職域分野は広範であり、専門分野も個々に異なります。したがって、弁護士や司法書士に相談する場合は、その事務所のホームページや電話等で、事前にその専門分野を調べることが大切です。

インターネット上の風評被害

インターネットなどの普及によって、掲示板やブログなどに会社などの評価を書き込むというような人は少なくありません。しかし場合によってはいい評価だけではなくて、悪意のこもった悪口のような書き込みをされることもあります。そのような書き込みを放っておくと、周囲のその評判が拡散をするというようなことになってしまいます。ですから、早めのうちにそうした書き込みを削除してもらうなどのような対策が必要になります。しかしそれらはやはり素人が行うのでは限界があります。その手の風評被害を専門に扱っているプロの業者に依頼するのが最も手っ取り早い方法でしょう。そうした業者ならば風評被害を防ぐための技術のノウハウが蓄積をされています。その技術によって、きちんとそうしたインターネット上の悪評を拡散しないようにしてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*